高西知泰
高西知泰

広島 / 写真家

ミュージシャンとしての独自の視点・反射神経を持ちながら、街や風景、人物をスナップショットで切り取った写真作品や、音と写真を組み合わせた作品の発表。展示も多く行っている。
2005年CD付きポストカードブック「トレモロ」発表(スタジオワープより出版)、個展「トレモロ」(ホワイトキューブKYOTO)。
2006年ミオ写真奨励賞グランプリ受賞。2007年アムステルダム写真美術館「Paul Huf Award」ノミネート。
2011年音楽とのインスタレーション写真展「has gone」(東京・ルーニィ247フォトグラフィー)。
2012年Flower Triangleアルバム「march」に連動する同名のブックレット写真集をリリース。
音楽レーベル「Novel Sounds」運営スタッフ、Webデザイナーとしても活動中。
本プロジェクトには、事前のフィールドワークで音楽・VJの素材となる録音や撮影を現地で行う役割で参加しています。
8月3-4日には同じ観音寺市「朝日湯ギャラリー」にて写真展「crossing」公開制作・展示を開催します。